2018年5月

体調が悪い時に受けたリンパマッサージで

体調が悪い時に受けたリンパマッサージで

(公開: 2018年5月25日 (金))

リンパマッサージに何度か通う様になったので、自分が体調が完全でない時にもリンパマッサージに予約をしていたからと行ってしまったのです。
体調が完全じゃない時にリンパマッサージを受けて、私は痛い目を見ました。
気持ち良いからリンパマッサージに行ってしまうので、体調が悪い日以外は今も続けているのですが、なんだかあの日は気分が優れなかったり、お腹にモヤモヤ感がありました。
そんな体調が万全では無い時にリンパマッサージを受け、施術中から、腹痛が酷くなり、お腹はゴロゴロなってしまい、お手洗いに行きたいけれど、お手洗いに行きたいとも言えずに、そのまま施術を受けていました。
腹痛を我慢しながら施術を受けていると、汗が沢山出て来て、私は体調が悪いのに関わらず、定員さんは「老廃物が出ていますね」と大喜び。
全然私は嬉しくありません。
お手洗いに行きたいと言えなかった私が悪いのですが、施術が終わるとすぐにお手洗いに走り、そしてフラフラしながら家まで歩いて帰り、自宅に戻っても起き上がれない程の腹痛が続き、いつもは感じない体中の痛みを感じました。
体調が万全で無い時に施術を受けてしまった私が1番悪いのですが、暫くの間はリンパマッサージに行くと体調が悪くなってしまうのではないかと怖くて行く事が出来ませんでした。





小学生の子供の身長が低い!?そんなとき

小学生の子供の身長が低い!?そんなとき

(公開: 2018年5月20日 (日))

小学生の子供の身長が低いのですがどうしたらいいのでしょうか?
そんな悩みを持つ方も多いかと思います。

小学生の場合、まだまだこれから伸びる可能性がありますのでそこまで大きな心配をする必要はないかと考えられます。

ただ、心配だという人はサプリメントを始めてみるというのもいいかもしれません。それで栄養バランスがよくなってくれれば、伸びるきっかけとなってくれるということもあるのかなとも思います。

メイクアップでは隠す行為に重きを置かず、メイクアップを介して最終的に患者さん本人が自らの外見を受け入れ、復職など社会生活への新たな一歩を踏み出すこと、またQOL(生活の質)を更に上げることが目的です。
レチノイン酸療法は、頑固なシミをいち早く薄い色に和らげるのに実に優れている治療法で、原因不明の老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・女性ホルモンと関わりがある肝斑・にきびなどに最適です。
お肌の奥底で生み出された細胞はスローペースでお肌の表面へと移動し、しばらくすると皮ふの表面の角質となって、約28日経てばはがれ落ちていきます。このシステムがターンオーバーというわけです。
老けて見えるフェイスラインの弛みは不要な老廃物や脂肪が集積することでどんどん促されます。リンパ液の動きが鈍くなってくると老廃物が蓄積し、むくみが出たり、余分な脂肪が蓄積されやすくなり、たるみの要因になります。
尿素(urea)の溶けた水とグリセリンにヒアルロン酸(hyaluronic acid)を添加している美肌水は低刺激で肌に優しく、ドライ肌の方におすすめの化粧水です。防腐剤や香料などを使用していないため、お肌の敏感な人でもご使用いただけます。

硬直した状況下では血行が滞りがちです。最終的に、目の下を筆頭に顔のあらゆる筋繊維の力が落ちてしまいます。そこで顔全体の筋肉も十分にストレッチをして時々緊張を解してあげることが肝要です。
美容の雑誌や書籍には、小顔になる、肌がきれいになる、痩せるし、デトックス効果がある、免疫の向上など、リンパ液を流してしまえば何もかもが好転!という嬉しくなるような謳い文句が軒を連ねている。
その上に毎日のストレスで、メンタルな部分にまで毒は山のごとく積もっていき、身体の不具合ももたらしてしまう。この「心身ともに毒まみれ」というような意識が、多くの人々をデトックスへと駆り立てる。
女性誌や美容本には、小顔や美肌、痩せるし、デトックスすることができる、免疫力の向上などなど、リンパ液を流しさえすれば全てが叶えられる!という明るいフレーズが掲載されている。
白く輝かしい歯を保持するためには、奥歯まで入念にブラッシングすることを忘れずに。キメの細かい泡立ちの歯ミガキ粉と毛先が柔らかめの歯ブラシを用いて、ゆったりケアをしましょう。

中でも夜の歯みがきは大切溜まっているくすみを取るため、寝る前はちゃんと歯みがきしましょう。しかし、歯みがきは回数の多さではないので、都度都度の質を上げることが肝心なのです。
夏場にたくさん汗をかいて体のなかの水分が少なくなってくると尿の量が減らされて体温調節に必要な汗のための水分が備蓄されるため、このだぶついた水分がそのまま浮腫みの原因になると言われています。
アトピーの誘因:家族の病歴と既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)の内何れか、もしくは複数)、IgE 抗体を生成しやすい誘因、など。
ドライスキンの因子の一つである角質の細胞間脂質と皮脂の量の減量は、アトピー性皮膚炎などの遺伝によるものと、老化や化粧品や洗浄料による後天性のものの2種類があります。
美容とは、結髪、化粧、服飾などの手段によって容姿や外見を更に美しく見せるために手を加えることをいう。なんと江戸時代には化粧(けわい)とほぼ同じように使われていたとのことだ。